オーガニックの意味を知ってますか?

オーガニックってなんだろう?

オーガニックコスメ(化粧品)というのはよく耳にしますね。
なんとなくよさそう・・・と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

化粧品ばかりでなく、食べ物や衣類にもオーガニックという言葉が使われることがありますね。

 

化粧品でオーガニックというのは、無肥料や無農薬で育てられた植物や作物を一定以上のパーセンテージで使っていることです。
これもざっくりした表現ですが・・・。

 

また、それ以外にも添加物に関する規制もあります。

 

それらの基準をクリアしたものがオーガニックコスメとして認定されます。

 

 

では、どこが認証(認定)するのか?という話になりますね。

 

世界にはオーガニック認証機関というのがいくつもあります。
有名なところではフランスのエコサートやアメリカのUSDAなどでしょうか。

 

各機関がオーガニックの基準を持っていて、それをクリアしているものを認証するわけです。
期間によって基準は違っているので、世界共通のオーガニック基準というものはありません。

 

とても厳しい機関もあるし、少しゆるいところもあるそうです。

 

したがって、○○オーガニック認証、という風に表示されるわけです。
(○○には認証機関の名前が入ります)

 

 

ただ、私たちは認証機関の名前を見ても、厳しい基準なのかそうじゃないのかいまいちわかりませんね。
でも、認証を得ているということはある程度の品質は保持されていると考えることはできます。

 

日本にはオーガニック認定機関というものがありません。
日本の製品でオーガニック認証を得たければ海外の機関を利用するしかないわけですね。

 

そのためにはお金も労力も時間もかかるということです。
中には品質的には認証に値するものでも、あえて認証を得ていないものもあるという話です。

 

 

敏感肌やアレルギー、アトピーのある方は、化学物質に反応することも多いですね。
なので、化粧品を選ぶときはオーガニック化粧品を選択肢に入れるのもいいと思います。

 

ただ、日本では化粧品に「オーガニック」の言葉を入れても法的には問題ないそうです。
たとえば、△△オーガニック化粧水、と表示することは自由なんだそう。

 

認証を得ている、とうそをつかなければ、化粧品名はどうつけてもいいそうです。

 

品質的にはオーガニック機関の基準からほど遠くても、オーガニック化粧水、などと名乗れるんですね・・・
この点は注意したほうがいいと思います。

 

1%のオーガニック成分が配合されているだけでも、オーガニック○○を名乗っている製品もあります。
知らないとよさそうだな、と思って買ってしまうかもしれません。

 

 

ほんとうに添加物を避けて肌にいいものを使いたいと思ったら、海外の有名な認証機関のお墨付きのものを選ぶべきですね。