オーガニックの日本での定義は?

オーガニックというけれど・・・

最近オーガニック化粧品を選ぶ方が増えてきましたね。
添加物の怖さが一般的にも広まってきたのかな、と思います。

 

ブランドやイメージに惑わされないで化粧品を選ぶのは大事な事ですよね。

 

でも、オーガニックと書いて歩から安心、というわけではないのです。
というのは、日本ではオーガニックの定義があいまいだからです。

 

極端なことを言えば、ほんの少しオーガニック成分が配合されていれば、「オーガニック化粧品」と謳えるのです。
添加物や危険な成分が入っていてもなのですね。

 

なので、あまりにも安いオーガニック化粧品は避けた方がよさそうです。

 

日本ではオーガニック認証団体も存在しないので、それもあってオーガニックという言葉にはきちんとした定義がないのかと思います。

 

肌にいい化粧品を使いたいなら、オーガニックという言葉に惑わされず、全成分を確認するくらいのことが必要なんですね!
成分はたくさんあるし、見ただけではいいか悪いかわかりません。

 

でも、インターネットでいくらでも調べることができるし、それくらいの手間はかけたいですね。
成分名で調べると、どういう働きがあるのか(保存・防腐、浸透など)がわかるし、その成分がどの程度安全なのかもわかります。

 

安全、と言っても程度問題で、多少心配があるという程度からかなり動静が高いものまであります。

 

基本的には添加物はほとんど使っていないのが理想ですね。

 

名前が有名じゃなくてもいい化粧品というのはあるし、大手ブランドだからいいというわけでもありません。

 

オーガニックブランドとしてあまり有名でなくても、中身がいいものもありますね。
これは日本のオーガニックコスメにも言えることです。

 

必ずしもオーガニック認証を得ているものじゃないといけないわけじゃないと思いますが、一応の目安にはなりますね。